「レクサス・IS」を借りてドライブ

レクサスIS 0307.jpg

 今回の沖縄旅行那覇市メインで考えていたので、ゆいレールとタクシーで十分と思いレンタカーの手配をしてませんんでした。
 意外に国際通りから徒歩で行ける範囲にも色々あので満喫しておりましたが、やはり狭い範囲だけで終わるのはもったいないという話になり、急遽レンタカーを借りる事にしました。
 しかも、連れが国際通を歩いている時にオープンカーを見かけ、明日はあんな感じの車に乗ってドライブしたら気持ちいいよねの一言から、オープンカー限定に・・・急でも借りられるか探しましたところありました。
 「沖縄スピードレンタカー」さんに問い合わせたらオープンカーなら1台だけ空いてるとの事で予約して明日の朝一お店に直行。
 急な予約だったけど、店員さんも親切で手続きもスムーズでした。
 お店に着くと、出発待ちの車が並んでいるのですが、結構色んな車種が並んでおり、オープンカーだけでも数種類の車種が並んでました。
 そうかと思えばファミリータイプもあって、見てるだけでもちょっと楽しかったです。
 さて、運よく「レクサス・IS」(高級そうなのじゃなくても良かったのですが)を借りて、ドライブに出発です。
 どこに行きたいか聞くと、海中道路にニライカナイ橋とお決まりの場所。
 まあ沖縄に来たら一度は見ておきたいスポットだし、車じゃないと行けないので異論もなく目的地はすんなり決まってさっそく出発です。
 海中道路は進んで行くと自然と島めぐりのようになるので、「沖縄スピードレンタカー」さんから近い(30分ちょい)ニライカナイ橋をまずは目指します。
 ニライカナイ橋は、橋と言っても川や海の上を渡す橋ではなく、斜面に設置された橋ですが、途中目の前に綺麗な海が見えて絶景です。
 いきなり橋に向かって、絶景で驚いた後に、戻って来て展望に登って再度絶景を見るとサプライズ的な感じでいいです。
 展望台には車では入れませんので、近所のお店で休憩して、車を停めさせてもらったまま展望台まで歩いて行くといいと思います。
 くれぐれも無断駐車はしないようにしましょう。お店の方に迷惑をかけてはいけません。
 お昼ごろだと、太陽も頂点に達しているので逆光にならず綺麗な海が見られます。
ニライカナイ橋を見たら、次は海中道路です。
 だいたい1時間くらいで、海中道路の入り口近くまで行けます。
 海中道路は絶景ポイントと離島めぐりになるので、ゆっくり見て回るのがお勧めです。
最初に海の駅あやはし館(道の駅じゃないんですね)ここは、デッキスペースで絶景が楽しめます。
 沖縄の歴史を学んだりお土産を買ったりする事も出来るので、帰りにお土産ゲットするために寄ってもいいかも知れません。
 次に平安座島へ向かうのですが、ここから伊計島に行く前に寄り道して浜比嘉島に行きましょう。
 島に向かう途中の橋から見る海も綺麗ですが、橋を渡ったところにある広場は、いまで言うインスタ映えするフォトスポットです。
 浜比嘉島には神聖な場所とされているところもあるので、写真を撮る際は立ち入り禁止になってるところに無理やり入ったりするのはやめましょう。
 浜比嘉島にはシルミチューと呼ばれるパワースポットもあります。
 地元の人には大切な場所なので、静かに、地元の方の邪魔をせず節度を守ってパワースポットからパワーをもらってください。
 神聖な場所で騒いだら神様もパワーはくれません。
 浜比嘉島から伊計島に向かう途中に宮城島があり、ここでも絶景を楽しめるのですが、ぬちまーす観光製塩ファクトリーがお勧めです。
 塩の工場なのですが、世界何か国かで特許を取っている製法だとかなんとか、技術的な詳しい事は分かりませんが、塩を作っている工場内は雪景色みたいで綺麗でした。
 このファクトリーでは塩を使った製品を販売してましたので、お土産選びも出来そうです。
 いよいよ、海中道路の一番奥、伊計島です。
 もうね、沖縄はどこいっても絶景ポイントだらけですが、当然伊計島にもあります。
 ただ、伊計島には遺跡が発見された場所もあり、昔の人々が生活していた竪穴住居等も見られて楽しかったです。
 このあとは伊計島ビーチで時間いっぱい遊んで楽しめます。
 積み込み過ぎず、ほどよいゆったり時間をドライブしながら楽しめてなかなか好評だったので、みなさんも試してみてはいかがでしょう。
 ただ、ニライカナイ橋も海中道路もオープンカーなら、楽しさ倍増ですので、旅行日程決まったら早めに予約することをお勧めします。
 「沖縄スピードレンタカー」さん、「レクサス・IS」残り1台ありがとうございました。

"「レクサス・IS」を借りてドライブ"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: