「沖縄」を秋に妻と二人でで旅行した記録を記します。

BMW Z4 0074.jpg

まずは、那覇空港近くのレンタカー屋で自動車を借りました。自動車は、「BMW・Z4」です。オープンカーなので、気持ちの良い旅行ができると思い選択しました。「沖縄スピードレンタカー」というところで借りましたが、オープンカーの割にリーズナブルで良かったと思います。空港からの送迎もありスムーズに手続きできました。車両の状態もよくとても良かったです。

まずは、「玉泉洞」を目指します。「玉泉洞」は、おきなわ・わーるどという観光施設内にあり、那覇市の南に30分ほど向かったところにあります。那覇から近く、値段もリーズナブルで行きやすい観光地です。また、日本の洞窟の中では、大きいほうだと思います。全長で5,000mあるそうです。洞窟や岩石好きなら、「玉泉洞」は必ず人生で一度は行っておくべきです。なお、「玉泉洞」のあるおきなわ・わーるどは、沖縄のの古い建物が観光施設として活用されている公園です。工芸体験やハブのショーが見れたり、色々アトラクションがあるので楽しかったです。

おきなわ・わーるどをでると、すぐ近くにある、「ガンガラーの谷」に行きました。「ガンガラーの谷」は本当にすぐ近くです。この日はせっかく良い自動車を借りたのに、このあたりまでほとんど大した運転をしていません。「ガンガラーの谷」は、沖縄の原生林をツアーでめぐることができぐ場所です。熱帯の大きな木の根が垂れ下がる景色とかが有名です。必ずツアー形式で回ることになりますが、事前予約が必要です。まずついてすぐ、入り口の洞窟が目を引きます。洞窟というにはひろい大きな空間で、ツアー入り口のほかにカフェが併設されていたりします。全体的におしゃれな空間です。
ツアーは最初に森を歩きました。最初は普通の森ですが、だんだんと両側が切り立った、まさに谷間という場所になります。あちこちに古い大きな木が根をたらしていて、写真の通りの場所を歩きます。熱帯の植生とかの説明も丁寧です。森の奥にすすむと、今度はまた洞窟のような場所に行きます。ここは港川人という古い原人の生活の跡が発掘された場所で、その発掘あとなどを見ることができます。ここでも丁寧な解説があります。ガンガラーの谷は結構歩きました。ボリュームがあるツアーです。

このあとは、「沖縄県民ステーキ」糸満店にランチに行きました。牛ステーキやラムやハンバーグがリーズナブルに食べられます。肉も美味しいですが、セットで出てくる牛スープも絶品でした。「沖縄県民ステーキ」は、国際通りにも店舗があるようです。評判どおり満足できました。

ランチを食べて少し食べて、「斎場御嶽」にいきました。またまた比較的近い場所です。那覇市からでも1時間ぐらいで来れます。
ここは琉球時代からの信仰の聖地になっている場所です。神聖な場所ですが、観光することもできます。祈りの場ということで、お祈りのしかたなどが映像で見ることができます。中は静かな森の中の参道を抜けると、岩でできた祈りの場所につきます。何か建造物などがあるわけではないですが、逆に、神聖な場所で有ることがつたわってきました。「斎場御嶽」とおなじような御嶽がいくつかあるらしいですが、「斎場御嶽」が1番格式が高いそうです。
沖縄にきたら一度は立ち寄ってみましょう。

この日は、このあとは、那覇市内に戻って、国際通りなど中心市街中心にぶらぶらしました。夜は「コンフォートホテル那覇県庁前」に宿泊しました。この日はせっかく「BMW・Z4」を借りたのに、近場で結構過ごしてしまいました。ただ、翌日にもう少し遠出したので、満足できました。「BMW・Z4」は良かったです。「沖縄スピードレンタカー」でまたお世話になりたいです。

この記事へのコメント