沖縄をレンタカーで秘境の旅

BMW Z4 0074.jpg

先日、沖縄へ友人と二人で旅行に行きました。
レンタカーで自由にドライブしたかったので、レンタカーを借りることにしました。

ネットで調べると沖縄にはレンタカー会社が多数ありました。
非日常を味わいたく、「BMW・Z4」を借りることにしました。
価格が安いと感じたため、「沖縄スピードレンタカー」で「BMW・Z4」をレンタルすることにしました。

沖縄スピードレンタカー」のスタッフが空港まで迎えに来てくれていよいよレンタカーで沖縄島南部の旅の始まりです。

国道、県道を30分ほど走り、ガンガラーの谷へ到着しました。道路がすいていたので「BMW・Z4」の性能が引き出される感じです。加速が良かったです。予約しておいたガンガラーの谷のツアーが始まりました。ガンガラーの谷は、東京ドームとほぼ同じ面積で、鍾乳洞と一体化した森にさまざまな動植物が生きています。ツアーで巡るコースは全長約1キロです。ガジュマルなどの亜熱帯植物が生い茂り、 まるでジャングル探検をしているかのようでした!イキガ洞にある鍾乳石は子孫繁栄にご利益あり。 昔から離島からも拝みに来る人が多い神聖な場所です。まだまだ先にはなりますが、孫の顔がみたいです。武芸洞は約7000年前の土器や約3000年前の人骨が発見されたことから、古代人が実際に生活した場所とされています。そのまま、ガンガラーの谷の入り口にある「CAVE CAFE(ケイブカフェ)」へ入りました。洞窟の中なので夏でもひんやりとしていて過ごしやすいので、より神秘的な空間に感じました。
BMW・Z4」で15分ほど走り、新原(みーばる)ビーチへ行きました。グラスボートに乗れば水中を泳ぐ魚たちやサンゴが手に取るように見て楽しめます。スキューバーダイビングをしたことのない私には感激でした。砂浜自体も長さ約500メートルととても広く、岩場を境にとなりの百名(ひゃくな)ビーチにつながっています。下の方がえぐれた大岩がぽつぽつと立つ風景はいかにも沖縄のビーチを思わせます。食堂かりかがあったので、そのまま入りました。足下には白い砂浜、目の前には水平線が広がる南国食堂です。まさに、南国のリゾートです。こういう景色が見たかった!

更に「BMW・Z4」で15分ほど走り、ニライカナイ橋を渡りました。橋の頂上付近のトンネルの上に展望台があり、そこからの景色は壮観です。天気がよい日は、青く広がる海と遠く久高島が見えます。
雄大な景色でお茶をすべく、cafe 森のテラスへ入りました。「しゃんぐりら」と名付けられた敷地面積約3000坪という広大な庭はまさに自然豊かな理想郷です。散策ルートが設けられ、1周の所要時間は約20分でした。木の葉や花が風に揺れ、穏やかな気持ちにさせてくれます。

最後に、知念岬公園へ行きました。駐車場に止めた「BMW・Z4」が絵になっていました。
話の聖地・久高島をはじめとする島々が眺められる絶景スポットです。三方を海に囲まれ、太平洋を一望できる大パノラマが広がっています。
東方の彼方には楽園「ニライカナイ」があると言われています。行ってみたいなあ。
岬公園の周辺はパラグライダーのテイクオフポイントとなっており、季節や天候によってはパラグライダーを目にすることもできるそうです。


今日は充分遊んだので、ホテルへ帰ることにしました。
車返却時に「沖縄スピードレンタカー」のスタッフに「お疲れ様でした。」と丁寧に応対していただきました。1日乗り回していた「BMW・Z4」にも別れを告げ、ホテルへ戻りました。
沖縄スピードレンタカー」には多数のオープンカーがあるので、次回訪問時は、別のオープンカーをレンタルしてみようかなと思いました。色々な名所を訪れたのですが、行く先々で「BMW・Z4」が似合っていたような感じがしました。

この記事へのコメント