GW沖縄激混み「ニュービートル カブリオレ・ワーゲン」と行く旅

ニュービートルカブリオレ0065.jpg

2018年のゴールデンウィーク、絶対混んでいるとわかってはいたものの、衝動を抑えきれず沖縄の旅へ旅立つことに。
チケットの争奪戦になるということはわかっていたので、早めにツアーを抑えることに。なんと予約したのは、2017年の年末。ゴールデンウィーク商品が発売した途端に申し込みをする。
しかし。。。うっかりレンタカーがついていないプランを申し込んでいたことに気がついた。沖縄で車がないんなんて困ると思い、とりあえずレンタカー店を探すことに。
沖縄のレンタカーって本当にたくさんあって、どこにしようか迷っちゃう。しかし、レンタカーを選ぶポイントってなんだろう?と考えると、価格、品揃え?こんなところかな。
じゃあ、この2つを兼ね備えているところを探してみよう!とりあえず大手はいろいろあたってみたけど、やっぱり高い。。。ゴールデンウィークなので仕方がないかと思いつつ、ちょっと小さめなところを探しはじめる。
そこで出会ったのが、「沖縄スピードレンタカー」。ゴールデンウィークなのになんと良心的な価格なんだろう。そして、ちょっとかわったラインナップも見どころである。外車だけではないんだが、いわゆるコンパクトカーのようなものがあまりなく、沖縄に似合いそうな車ばかりおいてる!
数ある車種の中から選んだのが、「ニュービートル カブリオレ・ワーゲン」。なんでこれを選んだかと言われると、困る。そんなに沖縄っぽくないといえばぽくないけど、この「ニュービートル カブリオレ・ワーゲン」はオープンカーになるからちょっと沖縄っぽい。
ということで、「沖縄スピードレンタカー」さんで、「ニュービートル カブリオレ・ワーゲン」を予約して、準備万端。

さて、出発の日。きっと空港が激混みなんだろうな〜と思いながら空港へ行くと、激混み。どっからこんなに人が出てきたんだと思うぐらい、人、人、人。
普段の3倍ぐらいの時間をかけて搭乗口にたどり着き、やっと離陸。乗ってしまえば混んでることは関係ないからね。
那覇空港へ到着すると、迎えの方がいらしていたので、車にのってまずは、「沖縄スピードレンタカー」へ。そしてこれから3日間お世話になる「ニュービートル カブリオレ・ワーゲン」との出会い。
こんにちは、よろしくね、と心の中で声をかけてスタート。オープンカーは素敵なんだけど、意外と天井の開け締めが面倒ということにも気がつく。
ということで、天井は開けっ放しにしてさっそく出発。
まずはベタなところからで、首里城へ向かう。首里城って写真とかでみると本当にきれいだけど、実物はそんなことないんでしょ、なんて疑っていたんですが、実物もきれい。写真の通り。太陽に赤がよく映えます。
そして、その近くにあるDFSへ。なんと沖縄に免税店があるんです。日本人でももちろん免税価格で購入可能。
ショッピングを楽しんだあとは、まだとりあえず国際通りへ繰り出すことに。夜はすっごい混んでいるけど、昼間はそうでもないな〜
ということで、人気のステーキ店、ステーキハウス88へ。夜はいつも混んでいるらしいですが、昼間ならそんなに待たずに入れます。
昼からガッツリステーキを食べて午後に備えます。
しかし、もうチェックインの時間になったからホテルで一休み。ちょっと休憩のつもりが、夕方まで眠ってしまった。もったいない。。。
なんて思うけど、これも旅の醍醐味です。

ということで、もう夜ご飯の時間。食べてばっかりか。お昼にステーキを食べたから夜は沖縄料理にしよかね。沖縄で沖縄料理店を探すのって意外と難しい。たくさんあるようなないような、それにあってもどこにしたらいいのか。。
ということで、通りがかりでそれっぽい外観の波照間というお店に入ってみることに。THE沖縄料理の数々があり、とても美味しくいただきました。
それでは、明日に備えておやすみなさい。

この記事へのコメント